诗生活网

 找回密码
 立即注册
搜索

天空的迹象--文月悠光

已有 14 次阅读2021-12-30 16:14 |个人分类:2021练习|系统分类:诗歌


没有值得奉献的身体
我渴望呈给你之上的蓝天。
把万物交给你。
那包括:可爱的天气的含沙射影,给你。
避开暴风雨不是两个人的工作。
我的脸颊鼓起就如我沉默地储藏空气
把所有云朵吹散。

当我抓在拟定手腕时,在你的脉搏附近,
我应该还要检查什么呢?
当太阳落下,生死攸关的预兆需要证实。
睡眠被创造出来适合黑夜,
我溜进去靠着你。
两手摸索,两手爱抚,两手治疗--
寻找着你,这只手奋勇向前。
亲爱的,请比我保留
更多的一点儿孩子气。

随着一切被拟定身体吞没,
你没有说服力地撒谎:“我不试图隐瞒什么.”
我举起这些手,握着你的手的手,
召集密云,
以便遮盖上真正的东西。
以便完全保护你。
当我这样做时,你递给我一只蓝手套。
你从你左手上摘下的唯一一只
轻轻地把它付托给我。
它的裸手掌
接到那白色的叹息
逐渐变红了。

痛苦地,你暴露你的耳朵,
而且那是你变得强壮的方式。
你的眼睛瞪着那优秀的矿砂,
你细看天空寻找暗号。
如果有雨落下来,我要跑出去迎接你
你会为我举着伞
ささげるほどの身もなくて、
頭上の空だってあげたい。
なんでもきみに渡してやりたい。
たとえば、あてつけのような快晴をきみへ。
雨風をしのげるふたりじゃないものね。
雲を吹き消すため、
こっそりと頬ふくらませている。

きみの手首を握って確認すべきことが
脈拍のほかにあるのだろうか。
生存確認は、陽の沈んだ後が肝心。
夜には眠りをあつらえて
きみの隣へすべり入る。
手探り、手を焼く、手当てする――。
きみを求めて、この手はせっせと動き出す。
いとしいきみには 少しだけ
わたしより子どもでいてほしいのです。

すべてをそのからだに包んでいながら、
「隠すつもりはない」だなんて、嘘が下手だね。
繋いでいた手を投げやって
わたしは厚い雲を呼びよせた、
ほんとうのことが見えてしまわぬように。
わたしがきみを守りきるために。
するときみは青い手袋を握らせる。
左手から片方をはずして
わたしにそっとあずけてきた。
彼のはだかの手のひらは、
白い吐息を受けて
徐々に赤らんでいった。

苦しそうに耳をさらして、
きみはでも強くなろうとしている。
そんなすばらしい鉱石の目をして
空の合図を見届けている。
雨が降ったら迎えに行くよ。
傘はきみに持ってもらおう。

评论 (0 个评论)

facelist

您需要登录后才可以评论 登录 | 立即注册

手机版|诗生活网 ( 粤ICP备18148997号 )

GMT+8, 2022-11-27 08:52 , Processed in 0.028727 second(s), 9 queries , Gzip On, File On.

Powered by Discuz! X3.4

Copyright © 2001-2021, Tencent Cloud.

返回顶部